おひさま訪問看護ステーションは、神戸市西区での療養生活を支援します。
訪問看護師募集中、求人情報等お問合せください。

TEL:078-995-9630
FAX:078-995-9631
おひさまだより

おひさま訪問看護ステーション
〒651-2233
神戸市西区櫨谷町福谷882
TEL:078-995-9630 
FAX:078-995-9631
事業所番号 2865290270

求人情報:スタッフ募集
募集内容:訪問看護
勤務形態:常勤・非常勤
募集条件:正看護師
詳細はお問い合わせにて
お気軽にご相談ください。

おひさまだより
ストレス対処法

何かとストレスの多い社会です。ストレスの仕組みを理解してうまく対処していきましょう。

神経科学者によると、人の脳には1000億もの神経単位があり、それぞれが1000個の接合部を持っており、人の心は同時に7つの情報(音、匂い、画像、喜び、怒りなど)を処理でき、1分間に7560個の情報が処理できるのです。そのため人は瞬時にストレスを感じる体内には、心拍数、血圧、呼吸数、体温などを一定に保つ機能<恒常性の維持/ホメオスターシス>が備わっています。この体内の恒常性にひずみが生じた状態を「ストレス」と呼んでいます。

ストレスのイメージ
■ストレスの種類
1. 物理的・科学的ストレス:暑さ寒さ、騒音など
2. 生理的ストレス:疲労、病気
3. 社会的・心理的ストレス:職場や学校での人間関係、仕事の不満、挫折感、老後の不安

会話イメージ
■ストレス解消するには
・体から抵抗物質が放出される
1. β-エンドルフィン
2. コルチゾール
・笑う門に福来る
(酒は百薬の長といいますが、笑いもストレスを解消し長生きの元となるでしょう)
1. 笑うことでNK細胞の活性度が上昇する。
2. わらいの予感
・米ロマリンダ大学の研究者らは自分が大笑いしそうだと予感するだけで、免疫力を引き上げる成長ホルモンや、快感をもたらすβエンドルフィンの分泌が高まることを発見しました。
・SOD (スーパーオキシドディスムターゼの略称。酵素のひとつ)
「活性酸素本来の役目は、外的から体を守る。そのため血中には活性酸素を無害化するSODという酵素が含まれている。ストレスで活性酸素が発生しても、このSODを豊富に持っていれば安心。
ではどうすればSODが多くなるのでしょうか? 実は普段から、ある程度ストレスを感じている人の方がSODは多い。つまり、ストレスから逃げず、軽いストレスに慣れておくことが大切です。また、人間関係や仕事の嫌なことについては、「馬耳東風」(ケセラセラ)で受け流すことも大切です。
・自律訓練法
心療内科で試みられているのが、心身症の患者らを対象に「自律神経・自立訓練法」。この訓練法を修得するには専門家による指導が必要です。しかし、日本大付属板橋病院、村上正人心療内科長によると「井戸端会議やカラオケなど、心地よいと思う自分なりのやり方で解消できればいい」とアドバイスしています。
・タンパク質
脳の神経細胞にある特定のタンパク質が外界からにストレスに反応し、うつ病にならないように脳を守っている可能性が高いとする報告がありました。

■日ごろの心掛け
喜怒哀楽をはっきりさせると、ストレスが溜まりにくくなります。
・一番興味がある事、時間を忘れて没頭できるような趣味を持つ。
・自分の好きなことには、それに楽しむよう集中してやる。
・自分の趣味を十分に楽しんでストレス解消した後は、明日も頑張ろうという気持ちをもつ。

運動イメージ1.楽しむ、感動する
2.会話、相談する
3.適度な運動、散歩をする
4.おいしいものを食べる、飲む
5.香を炊く、アロマテラピー
6.寝る